バイオクリーナー(石膏阻集器用)

バイオクリーナー(石膏トラップ用)

バイオクリーナー(石膏トラップ用)
●石膏粗集器
毎週1回診療終了後、シンク内の目皿を外し、キャップ5杯分を排水口に振りかけ、水を約500cc以上流してください。 

●シンク内の排水口
毎週1 回診療終了後、シンク内の目皿を外し、キャップ1 杯分を排水口に振りかけ、水を約200 cc 以上流してください。

 

成分
微生物 酵母 放線菌 細菌(納豆菌)糸状菌
内容量
400g
溶解度
95%
形状
粉体
製造国
日本
製造発売元
株式会社テイト微研

バイオクリーナー(石膏トラップ用)

バイオクリーナー(石膏トラップ用)

保管及び応急処置
・直射日光と湿気を避けて保管してください。
・ボトルの中の資材が固まった時は、良く振ってから使用してください。
・皮膚に付いた時は、石鹸を使い水でよく洗い流してください。
・目に入った場合は直ちに水でよく洗い流してください。
・誤って飲み込んだ場合は、大量の水を飲み吐き出してください。
・上記の応急措置によっても身体に異常がある場合は直ちに医師の診察を受けてください。

安全性
マウスによる経口・急性毒性 LD50=2216mg/kg(食塩と同程度の安全性)

用途
石膏阻集器、男子小便器、グリストラップ、台所、洗面所、風呂場、洗濯機の排水口からの悪臭除去、浄化槽の浄化促進。

効果
硫化水素、メチルメルカプタン、アンモニア、硫化メチル、トリメチルアミンの分解、尿石、ヌメリ、スケール、有機物の分解。

使用方法(排水量に応じて使用量が異なる場合があります)
① 石膏阻集器
毎週1回、診療終後、シンク内の目皿を外して、キャップ5杯分を排水口内に振りかけて水を約500cc以上流してください。
② 男子小便器、洗面所、台所、風呂場、洗濯機の排水口等
毎週1回、清掃時に便器内の目皿を外して、キャップ1杯分を排水口内に振りかけて水を約200cc以上流してください。
使用頻度に応じて投入量は異なります。
③ グリーストラップ、および排水口
飲食店の場合)
毎日1回、調理終了後にシンク内の目皿を外して、キャップ1杯分を排水口に振りかけて水を約300cc以上流してください。
保育園、病院、老健施設の場合)
毎週1回、調理終了後にシンク内の目皿を外して、キャップ5杯分を排水口に振りかけて水を約300cc以上流してください。
排水量に応じて投入量は異なります。

使用上の注意
・資材は必ず排管口内で使用してください。
・初めから流しの排水口から悪臭がある場合は、悪臭が無くなるまで毎日キャップ1杯分
を入れ続けてください。概ね1週間で悪臭が無くなります。
・アレルギーのある方は使用時にゴーグル、マスク、ゴム手を着用してください。

石膏阻集器用

社会的問題点
石膏は阻集器(トラップ)内でわずかに溶けて硫酸イオンが溶出します。嫌気条件下で有機物を栄養源として硫酸還元菌が発生すると、悪臭の元である硫化水素を発生させます。非常に臭く、10ppm(臭気度 5)以上は出ていると、清掃時は目や喉への刺激があり、苦痛を感じます。
これは作業としては安全衛生法に抵触しませんが、硫化水素は特定化学物質で酸素欠乏症等防止規則では、このような悪臭の元での作業は極力しないように工夫しなければならない事になっています。
しかし、実際の現場では約50%近くが悪臭の元で清掃作業を行っています。

解決方法と特徴
他社の消臭剤では、清掃時にトラップ内へ入れる固形の消臭剤が多いですが、これが解けると効果がなくなり、再び悪臭が発生します。
弊社では毎週1回流しの排水口から入れるので、いつ清掃しても悪臭はありません。特有の硫化水素は分解され、しかも微生物資材を使用しているためヌメリも無くなり洗剤で洗浄し易くなります。