理念

微生物を応用した環境保全と応用微生物学の更なる発展と貢献を目指し、日本、アジア、更には世界の環境保全に貢献することにより、日本の自然を守りながら更なる国家の発展に寄与します。

ご挨拶

環境保全と言うことが一般社会で普及し、特に微生物による排水浄化、悪臭除去、生ごみの堆肥化が進められたのは20世紀後半でした。

当時は微生物の説明自体、各企業、行政等では中々理解されず、微生物資材の各社は非常に苦労してきました。また、微生物学が正確に説明できない販売担当者が多かった為、正しい微生物の知識が伝えられず、廃水処理、生ごみ堆肥化が不完全に終るケースが続発し、微生物による環境保全が上手く活用できないことが多かったのが現状でした。

この為、弊社は応用微生物工学に基づく確かな微生物資材の供給で、環境問題に貢献していくことを目指しています。廃水処理、悪臭、堆肥化に於いて物理的、化学的対策では不可能な範囲を生化学に基づく微生物資材により環境修復(バイオレメディエーション)させ、さらに研究と開発を進めて各製品の提供を通じて、幅広く皆様の要望に応え、企業として社会に貢献して行きます。

代表取締役社長 首藤隆利